月刊マイルドにワイルドメタリポート S45/2017年12月

記事のURLとタイトルをコピーする

新年あけましておめでとう!今年も当サイトとワイルド・フォーマットをよろしくどうぞ!

BAA73143-4F64-4277-B8F3-9ABD715A68A9

さて早速だが、先月のワイルド環境の主なデッキとそれらの関係性を文章にしてみたんだ。あくまで私の主観100%ではあるけども、寝正月休みに読むにはピッタリな、いつも通りのヌルい文章に仕上がったよ。是非読んでみてほしい。



コボルト新環境のスタートダッシュを1番に切ったのはアグロパラディンだった。

S45 control’s “Aggro Paladin” #5

608065C8-E21D-4168-A844-91E672EEC4A8

 発売前からコミュニティ内で騒がれていた新カード[動員]は、皆の想像以上に強力なカードだった。以前までは展開力といえばアグロドルイドの十八番だったけれど、パラディンはたったこの1枚のカードでドルイドや他のどのアグロデッキに対しても抜きん出るようになった。[有徳の守護者]の裏に[ナイフ・ジャグラー][艦載砲]を置いて守る、という強力な盤面を簡単に作ることができる。ワイルドならば[シールド・ミニロボ][呪われし蜘蛛]も優秀な2マナミニオンだ。

 このデッキの新カードと言えば[回廊漁り虫]も忘れてはいけない。初手に持っていれば簡単に0コスト5/5となり、序盤から圧をかけていくことができる。その強さが注目されてからあっという間に、ほとんどのアグロデッキにおいて見られるようになった。

 そんなパラディンに「待った」をかけたのが、こちらも新デッキとなるキューブロックだ。

S45 パチンコおじさん’s “Cubelock” Asia#2

49346FBD-D19F-4BB6-874D-405104FB87C1

 断末魔シナジーを中心にして組まれたコンボ・コントロールデッキで、強力な悪魔をマナを払うことなく踏み倒し、さらにそれをコピーして増やしたりして勝つ。アグロに対して非常に耐性があるし、コントロールにも悪くない勝負ができる。ただ[冒涜][肉食キューブ]辺りの扱い方は難易度が高く、熟練プレイヤー以外にはあまりオススメできない (残念ながら私も上手く扱えない)。

 スタンダードで開発されてワイルドに輸入されたアーキタイプだが、こちらのフォーマットだとレジェンド武器[マナアリの髑髏]はほとんど採用されていない。代わりに悪魔を踏み倒す手段として投入されているのがナクスラーマスのカード、[ヴォイドコーラー]だ。使い方は[取り憑かれた従者]と大体同じだ。こいつらを[暗黒の契約]で割って[ヴォイドロード]を踏み倒すだけで、アグロデッキ使いは大きなため息を漏らすだろう。

 さて一方旧デッキも負けてはいない。その中でも最も大きい存在感を放つのが、前環境の王者レノプリーストだ。

S45 rui’s “Reno Priest” Asia#8

7588B038-0EA8-4CDC-A446-F1EB92210691

 大体のリストで新カードはたった1枚[心霊絶叫]のみだ。しかしどんな盤面であろうがまとめて相手のデッキに送ってしまうこのカードには、すでに多くのプレイヤーが怒りの念を感じているかもしれない。特にトークンなど弱いカードをデッキに戻せば相手のドロー阻害にもなるし、ミラーではハイランダー構成の邪魔も出来る万能な1枚だ。

 このデッキはアグロ相手への除去も回復も十分な上、[縛鎖のラザ][影刈アンドゥイン]が揃ってしまえばどんなデッキ相手も苦労しない。その2つをとにかく揃えるために、デッキには多くのドローミニオンが投入されている。[ガジェッツァンの競売人]とたくさんの低コストスペルを入れる構築は、特に新環境になってから標準となってきた。

これら3つのデッキがトップ3なことに、異議を唱えるワイルドプレイヤーはそう多くないと思う。そんな現環境で、個人的におススメしたいのがバーンメイジだ。

S45 SMTI’s “Burn Mage” EU#21

0CE54CB7-064E-4A88-AF43-7A66E53002F4

 このデッキは少数のミニオンと大量の火力で構成されている。ミニオンで適度にライフを削り、火力でダメ押しするデッキだ。今まではリソースにかなりの不安の残るアーキタイプであったが、新レジェンド武器[アルネス]はたった1枚でいくらでも火力を供給してくれる。多少の回復ではコントロール側が受けきることは不可能なほどにね。ちなみに言っておくが、[レノ.・ジャクソン]1枚程度じゃ不十分だぞ!

 というのも、先に挙げた3つのデッキはどれも盤面を支配するのが非常に得意なんだ。アグロパラディンは驚異的な展開力を持っているし、キューブロックやレノプリはいくらでも除去カードを握っている。そんな奴らから何とかして盤面を取ろうとするのは中々気が進まない。だから盤面はそこそこにして、火力で思いっきり相手の顔面に直接ダメージを与えてやるのが爽快だ。私も先月は色んなデッキで上手くいかなかったが、このデッキにした瞬間、今までの苦労が嘘のように勝つことができたよ。

 さて今月はどんな環境になるだろう?もしかしたら、まだ誰も知らない新たなアーキタイプが発見されるかもしれないな。