ナーガ、動員等のカードのナーフが決定

記事のURLとタイトルをコピーする

 以前から予告されていた数枚のカードのナーフの内容が公表されました。ナーフの実施時期については5月20日以降だと思われます。この記事では今回ナーフされるカードが現在ワイルドでどのように使われているか、ナーフ後どのように環境が変わっていくかについて解説します。


「ナーガの海の魔女」 – コストを8マナに変更。

先日のワイルドゴロシアムでもスタンダード勢にその存在が知れ渡り、もはやワイルドの代名詞ともなっていた「ナーガの海の魔女」のナーフが遂に決まりました。
「たしかに強いがナーフするほどではない」という声や「環境のバランスもいいのでこのままでいい」という意見も有りましたが、公式の言葉を借りるならこのデッキは「理不尽」であると判断されたようです。
今回のナーフは既存のナーガデッキにとっては致命的で、特に最速でナーガを出せることが長所だったナーガハンターは今後環境に姿を表すことはなくなるでしょう。
ナーガロックも最大の勝ち筋を失ったといって過言ではなく、後述する暗黒の契約のナーフも合わせてtier4レベルまで落ちることが予想されます。
今後は8ターン目まで凌げるハンドロックやマナ加速もできるクエストドルイドなどで活躍ができるかもしれません。


「取り憑かれた従者」 – コストを6マナに変更。
「暗黒の契約」 – 体力を4回復する。(8→4に減少)

コボルトで誕生して以来メタの中心として猛威を奮い続けている「キューブロック」を支える2枚のカードもナーフが決まりました。現在「取り憑かれた従者」は1枚差しや採用していないレシピも有りますが「暗黒の契約」は必ず2枚採用されており、ライフを8回復しながらヴォイドロードを召喚するというアグロに対して非常に強力なムーブを可能にしていました。
現在の沈黙環境を作っている元凶ともいえるこのムーブが弱体化することでキューブロックはtier2下位かtier3程度まで弱くなると予想します。
また、前述のナーガロックはコントロール全般に、キューブロックは変身系の呪文を持たないコントロールに対して非常に有利だったためコントロールデッキ全体の使用率が低くなっていました。ナーフ後は大幅にメタが変わるでしょう。
特にレノ系のコントロールデッキは動員のナーフと合わせて全体的にtierを上げるかもしれません。

「動員」 – コストを5マナに変更。

もはや説明不要の最強カード「動員」もナーフが予定されています。「太陽の番人タリム」と共にパラディンを象徴するこのカードはスタンダード同様現在ワイルドのすべてのパラディンデッキに採用されています。
今回のコスト変更で「動員」が使えるという最大のメリットを失う偶数パラディンは大幅にtierを下げる一方、アグロパラディンは5マナでも十分強い動員を引き続き採用しそこまでtierを落とさないと予想します。
奇数パラに動員を採用しても弱いですとブリザード公式が言っているのでそれは信じるとして、奇数パラディンにとっては有利な対パラディン戦が減るので相対的に弱体化するでしょう。
また、動員と同じマナコストと言うだけで評価が下がっていた4マナのカードも評価が上がりしばらくは色々なレシピが試されるでしょう。
筆者は4ターン目に「光合のステゴドン」を持つ新兵パラディンや「温厚なメガザウルス」もあり元々動員のバリューも低かったマーロックパラディンの活躍に注目しています。


クエスト報酬を5/5→4/4に弱体化

ローグのクエストはまさかの2度目のナーフが決まりました。筆者は最初のナーフ後からクエストローグを愛用していましたが、クエストを貼った瞬間降参されることも多々有り問題のあるカードであったことは否めません。最近になってまた少し見かけ始めたデッキではありますが、個人的には今回のナーフで致命的に弱くなると思っています。

性悪な召喚士はワイルドで見ることはないので環境に影響は及ぼさないでしょう。

ナーフを受けないデッキ達

今回のナーフは現在tier 1の偶数シャーマンやビッグプリーストに直接の影響はありません。
特にビッグプリーストはアグロパラディンに弱く偶数シャーマンや変身スペルのないコントロールデッキに対して強いのでナーフ直後はかなり強力になりそうです。
またシクレメイジはビッグプリーストに非常に有利ですが横展開に弱いので、今回のナーフでコントロールデッキが他のアグロを封じ込めればtierを上げるかもしれません。