ハースストーントッププレイヤーの不正疑惑

記事のURLとタイトルをコピーする
不正疑惑

いま、ある2人の有名プレイヤーがBANされたのではないかとコミュニティ内で話題になっています。(以下プレイヤーA、プレイヤーBとします)
事の発端はとある有名ワイルドプレイヤーATwitterに投稿していた複数の画像から韓国のトッププレイヤーたちの間でAの不正疑惑が浮上したことです。

その不正とは「Aは本アカウントとサブアカウントを同時にマッチングさせることで不正にレートを稼いでいたのではないか?」という疑惑です。
(現在スタンダードの1割程度の人口しか居ないワイルドでは、深夜の4時や平日の朝7時などの人が居ない時間帯のレジェンドではマッチングに3~5分、あるいはそれ以上の時間がかかることは結構あります。もしサブアカウントを持っていて両方共レジェンドまで上げたなら、人が居ない時間帯にマッチングさせることは容易でしょう。)

不正の根拠はいくつかあるのですが主なものでいうと
・Aが高順位を取った時の相手の名前が[Your Opponent] になっていることが複数回ある
・[Your Opponent]の時の相手のカードバックがいつも同じ
・Aはサブアカウントでプレイしている時のスクリーンショットも上げているが、そのサブアカウントとカードバックが同じ
・高順位を取った時、1ターン目で勝ったことを示すデッキトラッカーが写り込んでいるスクショもあったこと
というものです。

韓国プレイヤーたちは私ともうひとりの日本人プレイヤーCにもこのことを話し、CもAが不正をしたと確信しました。
またCは「話を聞くまで思いつきもしなかったが、別のトッププレイヤーBも同様の不正をしているのではいか?」と考え、AとBをBlizzardに通報しました。
(ちなみに私はこの時点ではAは7割クロ、Bは9割クロだな、と言う印象でしたので通報まではしませんでした。)

そして現在、AとBはハースストーンに2週間ログインしていません。
BANされたかどうかはわかりませんが、BANされたアカウントはしばらくフレンド欄にも残り続けるものの、ログインはできなくなるみたいです。
そしてAはログインしなくなると同時にNAでプレイし始めましたが、Asiaサーバーのときとタグが変わっているのでアカウントは変わっているようです(NAとAsiaでバトルタグは共通のはず)。
ただ早とちりしないで欲しいのが、これだけではAとBが不正していたかどうか断定はできないことです。
Aがたまたまアカウントを変えてNAで登録しただけかもしれませんし、Bはそもそも通報される前から「今月限りでハースストーンをやめる」と宣言していました(通報されたことは知らなかったはずです)。
たまたま通報された直後から同じタイミングでふたりともAsiaでプレイしてないだけという可能性もありえます。
BAN自体は時間が経てば解除されるようですが、仮にこの記事を投稿した後2人がログインした形跡が見られれば記事を非公開にするか、該当部分を削除する予定です。

※8/9追記

Aにこの件に関して「BANされたのか?されていないならログインして欲しい。」と連絡したところ「ハースストーンには現在ログインできる。しかし一定期間BANされていたのは事実だ。私は不正はしていないがアカウントのシェアをしていたのでそれでBANされたのだと思う」と返事もらいました。BANの事実は認めているのでこの記事は残しますが、本人は不正自体は否認していることはご留意下さい。

スタンダードでも起こりうる

事の経緯は以上の通りですが、私はこれが今回だけの問題ともワイルドに限った問題とも思いません。スタンダードでも時間帯によっては連戦になることもあります。5連戦とかも特に上の順位らへんでは起きるときは起きるみたいです。
「いやいや、たとえなりやすい時間帯に狙ったとしても失敗することのほうが多いでしょ。」と思われた方もいるかも知れません。ですがこのゲームは勝率55%のデッキが最強クラスと言われるゲームです。
どのくらいの成功率かはわかりませんが、10回に1回でも成功させることができるなら成績は飛躍的に伸びるでしょう。レジェンドの到達時期と時間帯によってはもっと高確率でできるかもしれません。
「そこまでするやついるの?」と思うかもしれませんが、居てもおかしくないんじゃないでしょうか。

別のゲームの話になってしまいますが、私がやっていた有名な麻雀ゲームで最強クラスの実力とされていたプレイヤーが、10年間で数十のアカウントを使い分け成績をほんの少しずつ底上げしてレーティングを稼いでいたことが明らかになった事件がありました。(→不正によりアカウントを削除された三麻3代目天鳳位)
このプレイヤーは数千時間以上をかけて、何の報酬も出ないただ麻雀ゲームのレーティングを稼ぐだけの作業をひたすら続けていたのです。
だいたいワイルドのランキングに乗ることだって無報酬です。
ハースストーンの大会の莫大な額の賞金を考えれば「そこまでやってしまう」プレイヤーが将来出てきたり「すでに実際に不正をしている」プレイヤーがいても全くおかしくないんじゃないでしょうか。
ちなみに世界大会よりもっともっと大金がかかっている中国サーバーではすでに何件も不正が発生しています。

またAはサブアカウントを所持していることもサブアカウントのスクショも繰り返しTwitterに掲載していたため疑惑を持たれましたが、不正を行っている人間が皆わかりやすい証拠をツイートしてくれているとは限りません。

Blizzardへの提案

今回の件で最も不幸なのが、AもBも不正をしていなかった場合です。
韓国コミュニティではすでにAを弾劾する記事までできていますし、日本のコミュニティにはBの不正を確信している人間もいます。redditには「◯◯はBANされたんだろ?」というスレまで立っているようです。
また新しく不正を生み出しかねない状況を放置するのはスタンダード・ワイルドを問わず正当にプレイしている全てにプレイヤーに失礼ですし、全員の成績の信頼性を損なうことにも繋がります。
Blizzardに提案なのですが、せめて成績上位者の対戦ログ(過去のも含めて全て)を開示してもいいんじゃないでしょうか。
あるいは自分のログだけでも参照できて、他人にいざという時に見せられるようにするとか。
先程の麻雀ゲームの例で言いますと、10年かけた非常に緻密な不正が明らかになったのは上位者の牌譜(将棋でいう棋譜のようなもの)が全て公開されていて、検証が容易だったためです。
ただでさえ成績評価のレーティングをブラックボックスにしているのに、その上このように不正が行われる土壌があると認識されるのは競技シーンにとっていいことではありません。

告知

なんだかワイルドが簡単に不正できる場所という印象を持たれそうで悲しいです。
でも実際ワイルドって人がめちゃくちゃ少ないんですよね。先月末でだいたいレジェンドが1000人行かないくらい。スタンダードは多分数千人ですよね?
多分ワイルドも、人数が倍になればマッチングとかは相当改善されると思います。すでに今年はじめのラダーシステムの変更でかなり良くなってきています。
これからも自分はこのサイトを通じて大好きなワイルドの魅力が伝わるように努力していきたいし、それで人を増やしたいなあと思っています。なのでみんな、ワイルドやろう!

あと、自分はハースストーン界隈で賞金付きの大会が殆どないのがとても悲しいと思ってます。シャドバとかにはたくさんあって、ハースストーンのその風潮が変わればなーと思ってます。そこで告知なんですが、8月からは賞金か賞品付きの大会をバンバン開いて、ハースストーンシーンを盛り上げていけたらなって思ってます。ワイルド専門サイトですがスタンダードの大会を開くつもりなのでそのときはみなさん是非参加よろしくです。
応援してくださる方、よかったらAmazonでなにか買い物するときはアマゾンコインのリンク(アマゾンコイン購入リンク)踏んでから買い物してくださいo(^▽^)o(コイン以外の買い物でもありがたいです)
ちなみにスタンダードで開催する理由は、スタンダードが盛り上がれば勝手にワイルドも盛り上がると思っているからです。ワイルドもいずれやります。

最後に

これをよんで英語ができて暇を持て余してる人が居たら、よかったらこの記事の提案の部分だけでも翻訳してredditに投稿してください。Blizzardはredditの意見を重視してるっぽいので。
ついでになんでデッキを18個しか作れなくしてデジタル最大の長所を制限してるのかって書いてください。
あとなんで7000万人が遊んでるゲームなのにフレンドが200人までしか作れないんだって書き込んでください。
あとあとまだまだ書いてほしいことがたくさんあるけど、このへんでやめときます。
読んでくださってありがとうございました。大会よろしくね。